「浜村渚の計算ノート」舞台化が決定!

書籍販売数・累計100万部突破のした小説が、待望のミュージカル化

「浜村渚の計算ノート」の舞台化が決定しました。

原作者は、浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞し、小説家デビューした青柳 碧人。

後に「浜村渚の計算ノート」シリーズはロングセラーの大ヒットシリーズとなりました。

<STORY>

「数学の地位向上のため、国民全員を人質とする」ーー。そんな宣言を出し日本中にパニックを起こした、数学テロ組織【黒い三角定規】とそれを率いる天才数学者・高木源一郎(通称:ドクターピタゴラス)そんな宣言を出し、日本中にパニックを起こす。

ただしそれらを取り締まる、警視庁は【黒い三角定規・特別対策本部】を設置するのだが、そのメンバーはまさかの、全員数学オンチだった。そこで、数学の天才にして女子中学生の浜村渚が日本の救世主として選ばれた。

待望のミュージカル化に、乞うご期待ください。